女性に特化した医療保険

安い保険料で加入できる医療保険のうち、女性の疾患について考えられたプランがあります。

女性が発症する病気といえば、子宮がんや乳がんなどが知られています。
女性に特化した医療保険とは、こういった病気や女性にあらわれやすい病気に罹ってしまった場合に保障が充分に得られるようになっている商品です。

女性のための医療保険の掛け金は安いのが一般的で、30歳女性の場合では2000円~3000円程度の料金から加入出来るのが魅力です。
医療保険料がかなり安い料金に抑えられる大きな要因は、解約返戻金という制度を排除したことが考えられます。

安い掛け金で利用できる仕組みが支持者を集めることとなり、相当数の女性が女性向けの医療保険をかけるようになっています。
女性プランの医療保険では、期限を設けずに保障が受けられる保険のほか、保障期間を区切っているものもあります。

そのうちオリックス生命のキュアレディは、安い保険料ですべてのがんがしっかりと保障してくれる医療保険です。
それから、女性特有の乳がんや子宮がんでの入院の場合には、ベースとなる保障に付け加えて、女性入院給付金が支給される仕組みです。

他にも、健康を維持してトラブルなく暮らしていくことが果たされると、数年ごとに生存給付金という形で支払われるものも用意されています。
例を挙げると、損保ジャパンひまわり生命のフェミニーヌは、良好な健康状態であれば15万円の給付金が3年過ぎる度に得られます。

それ以外の保険で、保険料の払い込みのやり方を自分の希望で選択できる医療保険というのもあります。
終身タイプの医療保険で有名なアフラックのレディース新EVERは、保険料の払い込み方を定額・半額・払い済みの3つの中から状況に合わせて選べるのが魅力でしょう。