通販型医療保険

掛け金を安い価格に抑えたいということでしたら、通販型医療保険というのを考えるのも良いのではないでしょうか。

通販型医療保険の掛け金がなぜ安いのかと言うと、店舗が必要無いため、人件費が節約できるといったことが考えられます。
そして、書面契約というケースが少なく、インターネットや電話でのやり取りが多いため、一般的な保険会社と比較して経費がかかっていないという部分も、掛け金が安く設定出来る理由です。

例として30歳男性を取り上げると、入院日額が5000円に設定された10年更新型なら1000円くらいの掛け金ですし、終身タイプでも毎月2000円位の安い保険料で済むように設定されています。
通販型医療保険では格安の保険料の他にも、自分の空いている時間を使って契約手続きを進められるという利便性があります。
わざわざ保険会社の店舗に出向いたり、営業スタッフとの煩わしいやり取りもなく、都合の良い時間に自分で保険を選択できるのが魅力です。

その代わり、安さが秘訣の通販型の医療保険であってもデメリットはあります。
他の店舗が存在する保険会社では、煩わしい加入手続きを営業スタッフに委ねることが可能となっているのですが、通販型医療保険の手続きでは、全て自分で行う必要があるのです。

とりあえず、電話対応で相談することはできますが、店舗で相談できる保険のようにプランを練ってアドバイスを行うようなことはありません。
手続きは自分ですることが求められるため、例えば書類に不備があれば容赦なく送り返され、しっかりと書類を整理して提出し直さなくてはいけないという不便さがあります。